サイトメニュー

神経をブロックする注射

男性医師

施術の流れや特徴

施術の流れを知っておくことで、施術当日の心理的な負担が軽減してボトックスの効果をしっかり得ることに繋がります。施術の前にあるのはカウンセリングです。小さなクリニックは最初から医師とのカウンセリングがありますが、大きなクリニックは最初にカウンセラーや看護師とのカウンセリングがあります。不安なことや分からないことは聞いて納得してから施術を受けることが大切です。ボトックス注射に限らず、美容整形を受ける前には手術同意書にサインをするのが一般的です。未成年者の場合は保護者の同意書が必要になる場合があります。署名をして押印をしたら、書面に記載されている施術内容に同意したことになります。顔にボトックス注射をする場合は、施術をする前にメイクをクレンジングオフします。そして最初に麻酔をして、しばらく経過してから注射をします。中には麻酔入りのボトックス注射もあり、その場合は事前に麻酔で処置をしなくてもそのまま注射ができます。痛いのが不安なら、麻酔をしてくれるかどうか、カウンセリングのときに聞いておくことが大切です。施術をしたあとはカウンターで精算をして帰宅できます。次回の予約が必要な場合は、都合のいい日時を決めてクリニックで予約をしておくのがおすすめです。ボトックスの効果はすぐにはなく、日にちが経つにつれて現れてきます。ボトックス注射で皮下に注射する成分「ボツリヌストキシン」はタンパク質の一種です。ボツリヌストキシンには神経をブロックする性質があり、神経に関係する病気の治療法の一つとして使用されています。そして病気の治療だけではなく、いまでは美容医療現場においてさまざまなコンプレックスを持つ患者達を救っています。神経に作用するボツリヌストキシンは、注射をすることでその効果を発揮します。シワを作りだす神経も、ボトックス注射によってブロックできます。注射をしたエリアにある神経が一時的に働かなくなるので、神経に関係する表情ジワを予防するのに効果的です。笑ったときにできる笑いジワは代表的な表情ジワで、ボトックス注射がよく効くシワです。笑いジワが繰り返されるとシワがそのまま残ってしまうことがありますが、ボトックス注射をしていればそれも予防できます。脇や手のひらや足の裏などに沢山ある発汗作用を促す神経も、ボツリヌストキシンでブロックすることができます。ボトックス注射は手術をしないで簡単に多汗症やワキガを治したい人に最適な治療です。たった5分程度の治療で、気になる汗や匂いがなくなり、暑い夏も周りの人を気にしないで楽しむことができます。

顔に触れる女性

手軽さと高い効果が大人気

ボトックス効果は注入する箇所によって異なると考えてください。しわ軽減目的や小顔、痩身目的で使用されることが多く、費用もリーズナブルでダウンタイムも少ないというメリットがあります。状態維持のためには定期的にメンテナンスを受けましょう。

看護師

理想の自分に近づこう

ボトックス注射の施術には、小顔効果のほかにもシワやたるみの解消などの効果が期待できます。施術の流れを見ても、来院から20〜30分で終了してすぐに終わるというのも人気を集める理由の1つです。注射針も細いので、ほとんど痛みを感じません。

注射

症状との相性

充分なボトックス効果を得るためには、いくつかの条件に当てはまっていなければなりません。信頼できる医師がいるクリニックで丁寧にカウンセリングをしてもらうことで、ボトックス治療が自分の症状に適しているかどうかを診断してもらいましょう。

顔に触れる女性

知名度では選ばない

ボトックス注射を受けるときのクリニック選びは、知名度よりもその施術に力を入れているところが良いです。また繰り返し利用していると、筋肉の収縮と性質の関係によって、効果の持続時間が伸びることが分かっています。